米政治家、「アメリカは9.11テロ事件に関与」

  • ニュースコード : 829981
  • 出典 : parstoday
Brief

アメリカのロン・ポール元議員が、「サウジアラビア政府は、2001年9月11日のアメリカの同時多発テロ事件の計画や資金供与に関与したが、アメリカはいまだにこのテロ事件の報復を口実にアフガニスタンで戦っている」としました。

イルナー通信によりますと、ロン・ポール元議員は、記事の中で、アフガニスタンにおけるアメリカの歴代政権の好戦主義的な政策を強く批判し、「アフガニスタンでの戦争の継続は、意味がない」と語りました。

また、サウジアラビアは、9.11テロ事件の計画や資金援助において、タリバンよりも大きな役割を果たしていた。しかし、アメリカは、今も、アフガニスタンの人々を殺害しており、これによって、テロリストの次世代を育成している」と述べました。

ロン・ポール元議員はさらに、シリアにおけるアメリカの軍事政策を批判し、「シリアでのアメリカの軍事駐留は、法に反する危険な行為である」としています。

アメリカでの9.11テロ事件により、およそ3000人が死亡しました。

アルカイダのメンバーだったサウジアラビア人19人が、この攻撃に参加したとされています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016