米政府、「4600億ドル規模の対サウジ兵器売却覚書に調印」

  • ニュースコード : 831060
  • 出典 : parstoday
Brief

アメリカ政府が、アメリカとサウジアラビアの間で、総額4600億ドル規模の兵器売却契約が調印されたことを明らかにしました

メフル通信によりますと、アメリカのトランプ大統領がサウジアラビアを訪問する中で、アメリカ政府は20日土曜、声明を出し、「アメリカはサウジアラビアと、1100億ドル相当の兵器売却の契約に調印した。さらに、両国は今回の合意分を含め今後10年間で3500億ドルの兵器をサウジアラビアに売却することで合意した」としています。

なお、1100億ドルの契約は、トランプ大統領の今回のサウジ訪問の中でただちに実行されます。

アメリカ政府は、イエメンに対するサウジアラビアの軍事攻撃や、中東におけるテロの拡大に対する同国の支援に注目せず、「今回の兵器売却に関する契約は、サウジアラビアやペルシャ湾地域の安全保障の強化のために調印されたものだ」としています。

トランプ大統領は、就任後の初の外遊としてサウジアラビアの政府高官と会談を行うため、政治・軍事使節団を率いて同国の首都リヤドを訪問しています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016