米ナショナルインタレスト誌が、民主的な政権に対する米政府の破壊行為を暴露

米ナショナルインタレスト誌が、民主的な政権に対する米政府の破壊行為を暴露

アメリカの雑誌ナショナルインタレストが、「アメリカは、複数の民主政権を独裁体制にすることに加担し、イランなどの民主的な政府に反対する行動に加担してきた」としました。

ナショナルインタレストはまた、「アメリカの政治家らは、自分たちと折り合いの悪い民主的な指導者よりも、テロリストの方を優先にしている」と報じました。

さらに、「この戦術は、今なおアメリカの外交政策に多く見られ、アフガニスタンやパキスタン、ソマリアなどに対するアメリカの無人機の攻撃は、テロリストだけでなく、罪のない民間人も殺害している」としています。

また、アメリカのトランプ大統領が次期CIA長官にジーナ・ハスペル氏を指名したことについて警告し、「ハスペル氏は、過去に拷問など、数多くの違法行為を行っており、怪物との戦いを名目に自身が怪物と化している」と報じました。

 /309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018