国連が、イエメン、ソマリア、南スーダン、ナイジェリアでの飢饉について警告

  • ニュースコード : 847385
  • 出典 : parstoday
Brief

国連が、イエメン、ソマリア、南スーダン、ナイジェリアで2000万人以上が飢餓の危険に晒されていると警告しました。

プレスTVによりますと、国連安保理は9日水曜、これら4カ国の飢餓による危険は、武力衝突と直接関係しているとしました。

安保理はまた、これらの地域の暴力の継続が、短期、中期、長期的な人道支援の妨害になっていることについて懸念を示し、それが食糧難の主な原因の1つだとしました。

さらに、これらの4カ国の武力衝突における全ての関係勢力に対し、民間人の命を尊重し、病院などの医療施設やその職員、運輸機関や施設などに危害を加えないよう求めています。

国連のオブライエン人道問題調整官は、食糧難に瀕している人々を救済するために必要な49億ドルのうち、これまでに集まったのは25億ドルだとしています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Arabian of imam hussain
mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016