ロシア国防相、「ISはアフガニスタンで拠点を構築している」

ロシア国防相、「ISはアフガニスタンで拠点を構築している」

ロシアのショイグ国防大臣が、シリアでイランとロシアの連合がテロリストに対する断固とした行動に出たあと、テロ組織ISは他の地域、特にアフガニスタンで拠点を構築しているとしました。

ショイグ国防大臣は、4日水曜、モスクワ国際安全保障会議の開会式で、現在アフガニスタンには5400人のISのテロリストがいると語り、ISはシリアで敗北した後、アフリカやアフガニスタンで新たな拠点を構築しており、残りはアジアやヨーロッパ諸国に戻ったとしました。

また、この50年間、アメリカ軍が中央アジアの情勢不安に関与していることを批判し、「アフガニスタンは、ISなどのテロ組織の避難所になりつつあり、こうしたテロリストはユーラシア大陸のほかの地域に勢力を伸張する可能性がある」と述べました。

さらに、2015年にロシアがシリアでの作戦を始める前、アメリカ主導の有志連合は、ISと戦うと語ったが、彼らの行動の結果、ISは日増しにシリアやイラクで占領地を広げていったとしました。

ショイグ国防大臣は、イラン、ロシア、トルコの対テロ連合が結成されたあと、状況は変わり、シリアの国土の大部分はテロ組織の占領から解放され、シリアにおける偽りのカリフ制の理想は消滅したとしました。


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Quds cartoon 2018
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016