フランスで、再びテロ事件発生      

フランスで、再びテロ事件発生      

フランスで再びテロ事件が発生しました        

このテロは、12日土曜夜、パリ2区で発生し、過激テロ組織ダーイシュ(IS)が犯行声明を発表しました。

パリ中心部のオペラ座近くで、刃物を持った男が通行人を襲撃し、これにより、2人が死亡、数人が負傷しました。

フランスのマクロン大統領は、このテロを受け、「フランスは再び、テロとの戦いの代償を支払った」と語りました。

フランスでは、2015年以来、複数のテロ事件が発生しています。これらのテロは、フランスの観光業に損失を与え、市民の間で治安に対する不安が広がりました。2015年1月と11月のパリでのテロ、2016年7月のニースでのテロ、そして2017年4月のパリでのテロにより、数十人が死亡し、数百人が負傷しました。

現在、ISに代表されるタクフィール派のテロの問題は、フランスをはじめとするヨーロッパ諸国にとって、安全保障上の最大の問題となっています。この脅威の重要性は、テロ攻撃が続いていること、ヨーロッパ出身の過激派が自国に戻った後の状況を考えたときに意味を見出すでしょう。

中東問題の専門家、フレデリック・ポアソンは、「フランスはアメリカと共に、IS誕生の責任を負っている」と語っています。

フランス当局は現在、フランスでのテロ活動の拡大という問題を抱えています。ドイツ左翼党のヴァーゲンクネヒト氏は、「過激派のテロは、アメリカとその同盟国による中東での戦争の産物だ」と考えています。また、西側のテロとの戦いは、恐ろしい策略、欺瞞だとしています。

フランスでは、非常事態宣言が2017年11月にマクロン大統領によって停止されていましたが、今回のテロを受け、非常事態が宣言されました。テロは、EUにおける国境管理の強化、観光業の停滞、難民受け入れ制度の厳格化など、数々の影響を伴ってきました。

フランスは、イギリスやアメリカ、アラブの同盟国と共に、ISなどのテロ組織の誕生と強化に大きく関わってきました。その行動の結果が、今、自分たちに返ってきています。

こうしたテロへの支援の最初の結果は、テロ攻撃によって、シリア、イラク、アフガニスタン、一部のアフリカ諸国から大量の難民がヨーロッパ諸国に流れ込んだことであり、これはヨーロッパ諸国にとって大きな問題となりました。

現在、フランスの治安関係者は、ISの脅威が深刻になっていることについて語っており、これは、フランスの安全保障レベルの低下を意味しています。単独で行動するテロリストは、自由に行動することができます。そのため、各国の治安機関や警察が厳戒態勢を敷いているにも拘わらず、テロが起こってしまうのです。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Arabian of imam hussain
mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018