ドイツ平和活動家、「アメリカの核爆弾は、ドイツ国内から撤去されるべき」

ドイツ平和活動家、「アメリカの核爆弾は、ドイツ国内から撤去されるべき」

ドイツの平和活動家が、広島と長崎の原子爆弾投下から73周年に際して、ドイツに保管されているアメリカの核爆弾の撤収を求めました。

ドイツDPA通信によりますと、ドイツの平和団体・「平和の鐘協会・ベルリン」の会長は、「核兵器は、今なお世界にとっての脅威である」とし、「アメリカの核兵器は、ドイツから撤去されるべきであり、ドイツ政府も、国連核兵器使用禁止条約に調印すべきだ」と語っています。

この報告によれば、ドイツは核の保有国とは認められていませんが、同国内にはNATO北大西洋条約機構の「核共有」メカニズムに基づき、アメリカ製のB61型の核爆弾およそ60発が配備されているということです。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Arabian of imam hussain
mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018