セメント世界最大手ラファージュホルシム社 ISへの金銭支払いの事実

  • ニュースコード : 870982
  • 出典 : Parstoday
Brief

スイスとフランスの合弁セメント大手、ラファージュホルシム社が、シリアでISなどのテロ組織に直接、金銭を支払っていたことを認めました。

フランス通信によりますと、ラファージュ・ホルシム社の社長は、「許されない過ちが発生してしまい、遺憾に思っている」と語りました。

また、「当社は苦境に立たされており、会社の信頼回復にとって困難な事態が生じた」と述べています。

ISは、ラファージュホルシム社から金銭を受け取る代わりに、同社の社員に対し、シリアでのISの占領地域内の自由な行き来を許可しています。

当時、ISはシリアにある油田の多くを掌握していました。

ラファージュホルシム社のシリア支社の関係者には、2014年にテロ組織への資金提供を行ったことが疑われています。

2008年から2014年までラファージュホルシム社の主任を務めた人物と、安全部門の部長も、テロ組織に資金を提供し、人々の生活を危険に陥れた疑いがもたれています。

アメリカと、同国に同盟するアラブ諸国やヨーロッパ諸国は、2011年からシリアのアサド政権の打倒を目的に、同国に潜伏するテロリストに兵器などの支援を行っており、こうした支援はISの形成と強大化に結びついています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016