カナダ首相、アメリカとイギリスのシリア攻撃への不参加を表明

カナダ首相、アメリカとイギリスのシリア攻撃への不参加を表明

カナダのトルドー首相が、アメリカのトランプ大統領のシリア空爆に関して、アメリカ側に加わることはないと表明しました。

UPI通信によりますと、トルドー首相は11日水曜、「カナダはシリア空爆に関して、アメリカに加担することはない」と語りました。

また、シリアに進出するつもりもないとしました。

さらに、現在、カナダはイラクとラトビアに駐留して軍事作戦を行っているとして、マリの軍事駐留は検討しているとしました。

トルドー首相は、トランプ大統領がシリア空爆の警告を発したことを受けて、この声明を発表しました。


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016