イランが、アフガニスタンの爆破テロを非難

イランが、アフガニスタンの爆破テロを非難

イラン外務省のガーセミー報道官が、アフガニスタンの首都カーブル西部での爆破テロを非難しました。

カーブル西部で、5日水曜、爆破テロが発生し、これにより、記者2名を含む22名が死亡、70人が負傷しました。

過激テロ組織ダーイシュ(IS)は今回のテロに対する犯行声明を発表しています。

ガーセミー報道官は6日木曜、今回のテロを強く非難すると共に、このテロの犠牲者の遺族と、同国の政府や国民に哀悼の意を示しました。 

この数ヶ月、アフガニスタン各地でロ攻撃が拡大しており、通常ISやタリバンがこれらのテロに対する犯行声明を発表しています。

アメリカとのその同盟国は、2001年からテロ対策や安全保障を口実にアフガニスタンに駐留しているものの、この駐留により、情勢不安やテロ、麻薬の生産が拡大しています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018