聖地メッカ

イスラム教徒大巡礼 200万人集結

イスラム教徒大巡礼 200万人集結

サウジアラビアにある聖地メッカなどを訪れるイスラム教徒の大巡礼「ハッジ」が最高潮を迎え、世界中から集まった200万人余りが祈りを捧げました。


「ハッジ」はイスラム教徒が経済的、肉体的に可能であれば一生に一度は行うべきとされる宗教的な義務の一つで、5日間から6日間かけてメッカとその周辺を巡礼し、ことしは世界中から200万人余りが訪れています。

メッカ近郊では31日、日中の気温が40度を超える中、巡礼者らは神の前では平等であるということを示すため着用が義務づけられている白い衣装”イフラーム”に身を包み、神に祈りを捧げていました。

マレーシアから来た男性は、「来ることができて言葉にならないほどうれしいです。イスラム教徒どうしが殺し合わず、戦争がない世界になるよう神に祈ります」と話していました。

ハッジでは、大勢の巡礼者が折り重なって倒れ死亡する事故が相次いでいて、サウジアラビア当局は10万人を超える治安部隊を配置するなどして、安全対策にあたるとともにテロへの警戒も続けています。


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Quds cartoon 2018
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016