アメリカ・ボストン空港で、警察がイラン人研究者に不当な対応

  • ニュースコード : 842264
  • 出典 : parstoday
Brief

アメリカ・ボストンにあるローガン空港で30時間以上身柄を拘束されていたイラン人研究者が、12日水曜夜、イランに到着しました

IRIB通信によりますと、アメリカ・ハーバード大学に招聘されたモフセン・デフナヴィー氏は、妻と3人の子どもと共に、ローガン空港におよそ30時間留め置かれた後、11日火曜に送還されたということです。

デフナヴィー氏はテヘランに到着した後、「空港に留め置かれていた間、アメリカの警察は自分やその家族に対し、非常に醜悪な対応をし、空港内での買い物や子どもが遊ぶことさえ許さなかった」と語りました。

また、「イランにいる家族に連絡することすら許されず、個人のノートパソコンなど研究の道具を押収された」と述べています。

さらに、「アメリカの警察の話では、自分はアメリカの安全保障議定書に照らし、アメリカには入国できないことになっているそうだ」としました。

デフナヴィー氏はまた、ハーバード大学と協力する理由について、ガンの治療における成功例を増やし、新しい技術を移転することだとし、今回のアメリカ訪問の目的は、癌患者の治療をめぐる学術研究だったとしています。

アメリカ連邦最高裁判所は今年6月、トランプ大統領による大統領令の実施を認め、イラン、スーダン、ソマリア、シリア、リビア、イエメンのイスラム圏6カ国の出身者のアメリカ入国を禁じました。

この大統領令は、全米で大規模な抗議を引き起こしています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Arabian of imam hussain
mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016