アメリカとロシアが世界の核弾頭の90%以上を保有

アメリカとロシアが世界の核弾頭の90%以上を保有

ストックホルム国際平和研究所が、世界全体の核弾頭の93%は、アメリカとロシアが保有していると発表しました。

 

トルコのアナトリア通信がストックホルム国際平和研究所の話として伝えたところによりますと、ロシアは7000発、アメリカは6700発の核弾頭を保有し、昨年の核兵器の保有数でそれぞれ世界1位、2位となりました。

一方で、ほかの統計では、シオニスト政権は300発の核弾頭を保有しているとされています。

シオニスト政権は中東で唯一核兵器を保有しており、常に、核兵器不拡散条約などの大量破壊兵器に関する条約の締結を拒否しています。

ストックホルム国際平和研究所によりますと、アメリカは核兵器計画を拡張するために昨年から2026年まで4000億ドルの予算を割り当てようとしており、1032回の核実験を行ったことで、核実験の回数で世界1位となっています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018