アメリカがWTO脱退を検討

アメリカがWTO脱退を検討

ニュースサイトのアクシオスが、アメリカのトランプ大統領が、WTO世界貿易機関から脱退しようとしていると伝えました。

アクシオスによりますと、トランプ大統領の計画により、大統領は議会の賛成がなくても、国際法規を無視して関税を引き上げることができるようになります。

WTOの原則の一つにより、各国は、自由貿易協定の枠外で、他国から輸入した製品に異なる関税を課してはならないことになっています。

また、WTOの加盟国が合意した関税率を適用することになっています。

 WTOから脱退してこの2つの原則を離れた場合、数万を数える新たな関税率が制定され、アメリカは完全に世界貿易に関する法を脇に追いやることになります。

トランプ大統領は、就任以来、パリ協定、国連人権理事会、イラン核合意、ユネスコなど、数々の国際条約や国際機関から離脱しています。

 /309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018