アメリカが生物兵器の実験を継続

  • ニュースコード : 847386
  • 出典 : parstoday
Brief

アメリカ軍が、生物兵器の獲得に向けて、これまで、危険度の高い実験を行っています。

アメリカの技術・ビジネス専門ニュースのウェブサイト、ビジネスインサイダーによりますと、アメリカ軍は過去数十年間、生物・化学兵器の獲得に向け、兵士のみならず、何も知らない市民までも実験サンプルとし、マスタードガスや神経ガス、ウイルスなどの実験に利用しています。

1950年9月20日に、アメリカの海軍艦艇がサンフランシスコ湾付近で大規模な射撃を行い、この都市の上空やその周辺に有害な塵芥(ちりあくた)や細菌を拡散しました。

このときのアメリカ軍の目的は、生物兵器がサンフランシスコの80万人の市民にどのような影響をもたらすかを調べることでした。

アメリカ海軍は、7日間実験を続けましたが、これにより少なくとも1人が死亡しました。

アメリカ国民は1970年代まで、アメリカ政府によりこのような生物実験が実施されていることを知らされていませんでした。

サンフランシスコは、市民への事前通告なしに生物兵器の実験所とされた、最初で最後の都市ではありません。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016