アメリカ、新たな核戦略を発表

アメリカ、新たな核戦略を発表

アメリカ国防総省が、トランプ大統領の新たな核戦略である、「核態勢の見直し」を発表しました。

メフル通信によりますと、この戦略によりますと、トランプ政権はオバマ政権時代の各政策の大部分を継承することになりますが、ロシアに対してはより攻撃的な立場を取っています。

この「核態勢の見直し」文書では、北朝鮮がアメリカとその同盟国に対する明らかな脅威だとされています。

また、北朝鮮のアメリカや同盟国に対する核攻撃は、北朝鮮の体制の終焉につながると主張されています。

アメリカ大統領府は、この文書のほかの部分で、疑惑により、中東の問題をイランに関連付けようとしています。

アメリカは、この文書で、イランのミサイル防衛計画について触れ、「イランは今もなおミサイル開発計画を続けている」とし、「イランのミサイル計画はアメリカ軍とその同盟国にとって、地域の内外での脅威だ」と主張しました。

イランの政府関係者は繰り返し、イランのミサイル防衛政策やこれに関する計画は、自国の防衛のみを目的としており、地域の安全保障と平和を促進すると強調しています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Quds cartoon 2018
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016