アフガニスタン東部のテロ イスラエルが加担

アフガニスタン東部のテロ イスラエルが加担

アフガニスタン政府の関係者であるモハッゲグ氏が、昨日、同国南東部で発生したテロ攻撃にイスラエルが加担していることを明らかにしました。

IRIB通信が、アフガニスタン・カーブルから報じたところによりますと、3日金曜、テロリスト2人がアフガニスタン南東部パクティア州の州都の近くにあるモスクに侵入した後、礼拝を行っていた人々に向けて銃乱射し、所持していた爆発物を爆発させ、これにより、31人が殉教、およそ100人が負傷しました。

これまでに、今回のテロに関する犯行声明は出されていませんが、通常、テロ組織ISがこのような攻撃に関しては犯行声明を出しています。

タリバンも、このテロ発生の後、声明の中で、今回のテロには関わっていないとしています。

モハッゲグ氏は4日土曜、声明を出し、今回のテロは、シオニスト政権のISへの支援によって行われているが、このことは、イスラムやイスラム教徒に対するシオニスト政権の敵意の深さを示しているとしました。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Arabian of imam hussain
mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018