【ノルウェー】 ムスリムになったノルウェー人の数が3000人に

ノルウェーのオスロ大学宗教歴史科の研究員カリン・フォク氏は、近年ムスリムになったノルウェー人の数が3000人に達したと発表した。


 

同国で最高の発行部数を誇るVG(ヴェルデンス・ガング)紙に掲載された記事によると、1990年代以降、イスラムを選択するノルウェー人の数が増加していると指摘された。

記事にその発表が掲載されたフォク氏は、1990年代にムスリムであったノルウェー人の数は500人であったが、近年この数は3000人に達したと語った。

昔ノルウェー人の女性は結婚によってイスラムを選択していたと述べたフォク氏は、

「現在この現象は非常に変化した。もはや、特に女性たちは読んで調べてイスラムを選択している」と述べた。

シンクタンク、ミノテク・アントロポリジのリンダ・ノール代表は、世界が小さくなっており、誰もがイスラムに関する情報をどこからでも得ることができると述べた。

4年前にムスリムになったノルウェー人のモニカ・サルモウクさんは、イスラムに関してよく調べて本を読んだと明かし、オスロで初めてイスラム文化センター・モスクを訪れ、非常に感銘を受けてそこでムスリムになることを選んだと述べた。

ノルウェー人のシリイェ・オーリヤ・ニルセンさんは、イスラムに感銘を受けて16歳でムスリムになったと語った。

42歳のソルヴァ・ナビラ・セクセリンさんも、家族が移民一家の世話をしており、ムスリムの移民一家の子どもたちの影響を受けてイスラムを選んだと述べた。

イスラムを選んだ77歳のトルルス・ノール・アフマド・ボルスタさんは、15歳でムスリムになったと語った。

 

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018