• イスラムの預言者ムハンマド(SAW)の生誕日に寄せて

    ラビーユ ル・アウワル(イスラム暦3月)17日は、イスラムの預言者ムハンマド(SAW)の生誕記念日とされています。久しく人々が待ち望んでいたその日が遂に到来しました。人類の偉大なる指導者がこの世に生を受け、神の最高の創造物が出現したのです。世界の創造主により、神の最後の預言者という慈悲の雨がこの世に降り注がれ、導きの泉がほとばしりでて、預言者ムハンマド(SAW)という神々しいみ光が全世界を照らしたのでした。

    ادامه ...
  • シーア派ボランティア組織”WHO IS HUSSAIN?” ドイツで献血キャンペーン

    シーア派ボランティア組織”WHO IS HUSSAIN?”が「人類のための希望」という名のキャンペーンのもと、ドイツの様々な都市において献血キャンペーンを行い、およそ150人の提供者からの血液を集めました。この組織のメンバーたちは、このキャンペーンの他にも40種に及ぶ独自の慈善活動を行っています。

    ادامه ...
  • 救世主イマーム マハディ(AJ)の統治

    西暦874年1月上旬、シーア派11代目イマーム ハサン アスカリー(AS)が殉教し、シーア派12代目イマーム マハディ(AJ)が指導者となりました。イマーム マハディ(AJ)はイマーム ハサイマーム マハディン アスカリー(AS)の息子で、イスラムの預言者一門の一人です。

    ادامه ...
  • シーア派8代目イマーム リダー(AS)の殉教日に寄せて

    イラン北東部マシュハドのイマーム リダー廟

    19日日曜は、シーア派8代目イマーム リダー(AS)の殉教日です。この期間、イラン北東部マシュハドのイマーム リダー(AS)廟では、イマーム リダー(AS)の殉教日に際して、盛大な形で喪に服しています。この地は巡礼地であり、また心の疲れた人々のよりどころとされてきました。さまざまな年代の人々が、哀悼の意をささげるため、イマーム リダー(AS)廟を訪れます。

    ادامه ...
  • アルバインの行進とその影響

    現在、世界各地から、何百万人という人々が、イラクのナジャフからカルバラまでのおよそ80キロのアルバインの行進に参加し、世界の人々を驚かせています。これは、シーア派3代目イマーム フサイン(AS)への敬愛を示しています。

    ادامه ...
  • 最高指導者、「アルバインの行進は、預言者一門を敬愛する人々の象徴」

    イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、シーア派3代目イマーム フサイン(AS)の殉教から40日目のアルバインの行進について、「イマーム フサイン(AS)のアルバインの行進は、預言者一門を敬愛し、信じる人々が参加する、非常に美しい壮大な象徴だ」と語りました。

    ادامه ...
  • カルバラの悲劇⑯

    ルカイヤ(SA)の殉教

    イマーム フサイン(AS)の3歳の娘の殉教

    ヒジラ61年サファル(イスラム暦2月)5日は、ルカイヤが殉教した日である。カルバラの悲劇に関して、ヒジラ61年ムハッラム(イスラム暦1月)10日”アーシュラー”からサファル5日までの流れを簡単に説明します。

    ادامه ...
  • アーシュラー、永遠の英雄伝

    カルバラは、現在のイラク南部にあります。おそらく、イスラムの歴史において、地理と時間の点から、カルバラの出来事ほど規模の大きな革命は存在していません。この出来事の中で、シーア派3代目イマーム フサイン(AS)の教友72人は、3万の軍勢と戦う中で、殉教しました。

    ادامه ...
  • アーシュラーの教訓とメッセージ

    イスラム暦60年、西暦680年、2つの相反するグループが対峙しました。ウマイヤ朝の為政者ヤズィードは、全力をかけて、社会から公正追求の精神を抹消し、自分の圧制的な目的を実現しようとしていました。一方で、シーア派3代目イマーム フサイン(AS)は、初代イマームで父のイマーム アリー(AS)の正義の教えの中で育っていたため、ヤズィードと彼の圧制的な思想に対抗しようと立ち上がりました。

    ادامه ...
  • ムハッラム(イスラム暦1月)

    タースーアー~イマーム フサイン(AS)の蜂起まで

    シーア派3代目イマーム フサイン(AS)の圧制に対する蜂起は、西暦680年、イスラム暦61年1月(ムハッラム)10日、現在のイラクの聖地カルバラで起こりましたが、この蜂起の背景には、数々の出来事が存在していました。

    ادامه ...
  • イスラム暦の1月「ムハッラム」献身と殉教の月

    アラブの人々は、イスラムが出現する前から、ムハッラム月を尊重し、この月の戦争や流血は禁じられていました。ムハッラム月に戦争を禁止することは、アラブの部族の間の長い衝突を終わらせ、和平を呼びかけるための手段の一つとされていました。無明時代にこのような伝統が続けられ、イスラムの出現により、この宗教がそれを認めたために、すべてのイスラム教徒にとって法的なものとなったのです。

    ادامه ...
  • 聖預言者ムハンマド(SAW)が話されたお話⑨

    圧制的な者に災いあるかな!

    人間の最高のお手本である“聖預言者ムハンマド(SAW)”が人々に対して話された短いお話を紹介しましょう。

    ادامه ...
  • 聖預言者ムハンマド(SAW)が話されたお話⑧

    この城は誰のものでしょう?

    人間の最高のお手本である“聖預言者ムハンマド(SAW)”が人々に対して話された短いお話を紹介しましょう。

    ادامه ...
  • 聖預言者ムハンマド(SAW)が話されたお話⑦

    死の天使は去った

    人間の最高のお手本である“聖預言者ムハンマド(SAW)”が人々に対して話された短いお話を紹介しましょう。

    ادامه ...
  • 聖預言者ムハンマド(SAW)が話されたお話⑥

    なぜ、彼を罰されないのですか?

    人間の最高のお手本である“聖預言者ムハンマド(SAW)”が人々に対して話された短いお話を紹介しましょう。

    ادامه ...
  • 聖預言者ムハンマド(SAW)が話されたお話⑤

    ”彼をゆるしなさい!“

    人間の最高のお手本である“聖預言者ムハンマド(SAW)”が人々に対して話された短いお話を紹介しましょう。

    ادامه ...
  • 聖預言者ムハンマド(SAW)が話されたお話④

    “我もあなたをゆるそう”

    人間の最高のお手本である“聖預言者ムハンマド(SAW)”が人々に対して話された短いお話を紹介しましょう。

    ادامه ...
  • 聖預言者ムハンマド(SAW)が話されたお話③

    ”2つのドアがある部屋“

    人間の最高のお手本である“聖預言者ムハンマド(SAW)”が人々に対して話された短いお話を紹介しましょう。

    ادامه ...
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016