ハディース/イスラム教徒の問題への配慮

  • ニュースコード : 790677
  • 出典 : Khamenei.ir
イスラムの偉大なる預言者(SAW)の訓戒:

من مواعظ النبي صلى الله عليه وآله وسلّم:من أصبح من أمتي وهمّته غيراللّه فليس من اللّه ومن لم يهتمّ بأمور المسلمين فليس منهم ومن أقرّ بالذل طائعاً فليس منّا أهل البيت

 

イスラムの偉大なる預言者の訓戒:

心安らかに眠り、朝を迎え、その動機の中に、神の満足を得ることが含まれていない者は、神の戦士や神の人間とは見なされない。また、耐え忍びながら、イスラム教徒やその社会の利益や害悪に対して無関心な者は、真のイスラム教徒とは言えない。欲望に従って 意識的に卑しい行為に手を染める者は、私たち預言者一門を信じる者ではない。

(トハフォルオグール P.47)

 

イスラム教徒の問題への配慮には、様々な意味が含まれる。その最も重要な意味は、イスラム共同体への配慮であり、イスラム教徒の意志、力、統治への配慮である。またもうひとつの意味は、虐げられた恵まれない人々の要求をかなえることである。

欲望に従って意識的に卑しい行為に手を染める者は、私たち預言者一門を信じる者ではない。

屈辱を伴う屈服は、政治の力に対するものに限られず、富める者や資産家に対するものも含まれる、ということを認識する必要がある。人間は、この世への執着のために自らを辱めるべきではない。ハディースにも次のようにある。

「敬虔な人間は、屈辱以外のすべてのものを受け入れる」と。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016