聖預言者ムハンマド(ص)

預言者ムハンマド(ص)の健康に関する助言②

  • ニュースコード : 759607
  • 出典 : ダールーハネ イェ マアナヴィー
Brief

預言者ムハンマド(ص)の健康に関する伝承をいくつか紹介いたします。

「ヘンナ」を使いなさい。それは目を輝かせ、髪を育成する。

「かりん」を食べなさい。それは記憶力を高め、胸の痰(液体)を取り除き、また子供を美しくする。

「無花果(いちじく)」を食べることは疝痛から安全でいられる元となる。

「水」をゆっくりと少しずつ飲みなさい。

一度に飲み干してはならない。それは肝臓の痛みの原因となるから。

・どこかの町へ出かけたら、その町の「たまねぎ」を食べなさい。それはコレラとその町の病を取り除く。

・あなたたちに「オリーブ」を。

それは鬱病を良くし、痰を除去し、神経を強化し、胃の虚弱や持たれを取り除く。

・誰でも「ざくろ」をひとつ食べる者は、心が光り輝き、その後40日間悪魔の囁きはその者から取り除かれる。

「無花果(いちじく)」は天国(楽園)の果物のひとつである。食べよ、それは痔疾を断ち痛風に有効であるから。


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016